webライター理桜奈のオツなもの♪

多趣味を生かし、おススメしたいもの等を中心に紹介していこうと思っています★ 内容はざっとこんな感じ♫ ・道の駅巡り ・旅グルメ ・ドラマ・アニメ・映画のあらすじ・感想 ・書籍(小説・新書・漫画とにかく雑多)のまとめ・感想 ・・老後のことやお金のこと ・美容品のレビュー のんびり気楽にやっていく予定です★


★スポンサードリンク★

【『よつばと!』13巻】ばぁちゃん現る!そして13巻も怖い!?


★スポンサードリンク★

みなさん、こんにちは★

本日の理桜奈のオツなものはよつばと!』13巻です!

先日2021年2月27日(土)に『よつばと!』最新刊、15巻の発売日されました♪

1巻から読み直して15巻も読みましたが、やっぱりよかった!

これもいずれまた紹介していきたいと思います☆

 『よつばと!』の概要

よつばと!』は、あずまきよひこさんによる日常漫画で『月刊コミック電撃大王』で2003年から連載されています。

単行本は2003年8月に第1巻が、そして2018年4月に14巻が発売され、2021年2月にやっと15巻が発売されるのです。

次の新刊までのスパンが長いのもまた『よつばと!』という作品の特徴ですね。

 

では、『よつばと!』13巻のネタバレ&感想いってみよー!

今回も、特に印象に残ったエピソードのみを簡単に紹介しますね。

 

よつばと!』をこんな人に読んでほしい!

・日々の生活に癒しがほしいと思っている人

・子育て中の人

・子供が好きな人

・いろんな感情を感じたい人

よつばと!』13巻 目次

第83話 えだなど

第84話 すなば

第85話 よる

第86話 おみやげ

第87話 そうじ

第88話 ばーちゃん

第89話 くろいおばけ

第90話 いちにち

よつばと!』13巻 簡単なエピソード紹介と感想

第85話「よる」

ある日、よつばのばーちゃんから突如「こっちにくる」という電話がかかってきます。

そのことを知ったよつばは大喜び。

そして、その夜、ふと目を覚ましたよつばは真っ暗な家の中を不気味に感じるのでした。

しかし、2階で仕事をしているとーちゃんを見つけて安心するよつばはとーちゃんの膝の上で寝てしまうのです。

第86話「おみやげ」

ばーちゃんを迎えに駅に行くとーちゃんとよつば。

駅に現れたばーちゃんの両手には荷物がいっぱいで仁王立ちで現れました。

f:id:riona-otsu:20210331233412p:plain

ばーちゃん現る!

突撃してくるよつばをうまく受け止めるばーちゃんは、やはりとーちゃんのかーちゃんといったところでしょうか。

 

大好きなばーちゃんが来ていつも以上にテンションが高いよつば。

そして、ばーちゃんがお土産を持ってきてくれているかどうかヒヤヒヤするのでした。

 感想

第85話

夜は夜でも、よつばが寝る前の夜とよつばが寝て起きた後の夜のギャップがちょっと不気味さを感じさせましたね。

けど、5歳ぐらいの子供が感じる夜中って、本当怖いんですよね。

そんな子供の心情もうまく表現されていると思いました。

そして、電話をしながらおたまを置くこともまぁ、考えられなくはないですよね。

ついやっちゃいそうです。

何かリアリティがある、ほんわかとする描写も『よつばと!』の魅力でしょう。

 

第86話

ばーちゃん初登場の回でした。

また『よつばと!』らしい個性的なおばーちゃんでもあったと思います。

よつばがばーちゃんのことを大好きなことはいつも以上にテンションが高いよつばの様子からもうかがえましたね。

そして、ばーちゃんのお土産でジタバタして、素直過ぎるよつばもまた子供らし過ぎでした。

まるで子供がいるような気持にさせてくれるのもまた『よつばと!』の魅力だと改めて思ったものです。

 

第87話以降

13巻では、初登場したばーちゃんがやはりメインというかよく登場します。

よつばに“靴をそろえる”ように言ったり、毎日新聞を取りに行っていることを褒めたり、自然に新たなよつばの仕事を与えたりと本当に感心させられました。

こんなふうにのびのびと子供を育てていけるのがやはり理想なのでしょう。

実際にはなかなか難しいような感じがしますが…。

 「よつばと!」と検索すると「怖い」と出てくる理由は13巻にもあった!

さて、「よつばと」と検索すると「怖い」とアンド検索が出てきませんか?

これは一体どういうことでしょう?

私もこれを知った時は不思議でした。

その真相は12巻にもあるようなのですが、それは12巻の紹介のところで書いているので、ここでは割愛しますね。

 

riona-otsu.hatenablog.com

 上記の記事のように12巻だけでなく、実は13巻でも「怖い」と感じる人がいるようで…。

12巻を読んだ後、「よつばと 怖い」の真相を知ったうえで13巻を読むと確かにちょっと怖い感じがするのも事実でした。

理桜奈が怖いと感じたのは

 

1.第85話の「よる」

 

・よつばが目を覚ました後の真っ暗な家の様子

⇒まぁ、これは上記でも書いたように“子供が感じる夜”を描写しただけとも捉えられると思います。

 

・とーちゃんに夢の話を聞いたよつばのセリフ

よつば、どこ行ってたのかなー。

 が何か意味深に捉えられてしまいました。

 

2.第89話「くろいおばけ」

 

・無表情のばーちゃん

この回はばーちゃんが帰る回なのですが、タクシーで去っていくばーちゃんの表情が無表情なんですよね。

なぜ別れ際、笑顔でもなく、追いかけるよつばを無表情で見ているのか…。

なぜ口が“ヘの字”なのか。

その意図は何かあるのか…と勘繰ってしまいます。

 

・「あーあ、帰っちゃった。」

よつばは、大好きなばーちゃんが帰ることを知って、グズります。

別れ際、とーちゃんが「まぁ、そのうち遊びに行くよ。」と言ったら

「いつ!?」「しあさって!?」と即聞いてくるぐらいばーちゃんとの別れはやはり惜しいようです。

しかし、ばーちゃんが乗ったタクシーが見えなくなると、すぐに

「あーあ、帰っちゃった。あーあ。」

と家の中に入っていくのです。

この終わり方が若干怖く感じさせますね。

 

よつばと!』を読む方法

よつばと!』は電子書籍化されていないので、紙媒体で読むしかありません。(2021年3月現在)

けれど、これは何度も読み直したくなる漫画ですし、上述したように癒し効果も個人的にはあると思っています。

だからこそ根強い人気がある作品になっているとも思いますし。

ですので、皆さんも気になりましたら是非お手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

電子書籍はTポイントも貯まり、その都度課金になる「ebookjyapan」を私は利用しているんですが、「ebookjapan」をはじめとした電子書籍には『よつばと!』はないようですね。残念!

 

何回も読み直したい作品ですし、紙媒体だからこそ『よつばと!』ならではの驚きを感じることができる作品だとも思うので、私は断然この作品に関しては紙媒体がおススメです(^^)

 

 

では、また次回の「理桜奈のオツなもの」をお楽しみに!